羽田空港でやらかした。。。搭乗手続きと空港に着いてから搭乗するまでの時間の目安!!搭乗するまでの手順!!

2019年11月12日

スポンサーリンク

スポンサーリンク

行きは良い良い

昨日1年ぶりくらいに、出張で福岡から東京五反田まで行きました。先月から予約してeチケット持っていたので、激安の片道12000円ほど。

出張当日、朝11時にはセミナーが始まるので、早朝5:00に家を出て、6:00に福岡空港に到着しました。飛行機の時間はスカイマークの7:00の便だったので1時間余裕を持っての到着でした。

eチケットを持って、スカイマーク専用の自動チェックイン機で発券。(QRコード読み込むやつ)

自動チェックイン機ではスムーズに発券できたけど、有人のチェックインカウンターには搭乗客がすでに10人ほど並んでいました。(月曜日の朝一の便で)

早く到着していてよかった〜と安心したのもつかの間。預ける荷物もなかったので、そのまま2階の保安検査場へいくと。。。

めっちゃ並んでる〜!!!月曜の朝一なのに!!!

だいたい1列に30人くらい。それが3〜4列。

保安検査場には『待ち時間15分』と書いてました。。。

そして無事に、保安検査場を通過して、いよいよ搭乗口へ。チケットを渡し、ピッとしてもらって搭乗。行きは結構余裕で、搭乗できました。

帰りは怖い

京急線に乗り、羽田空港に17:00頃到着。

帰りの便の時間は18:40分だったので、まだ余裕♪と思いつつお土産を物色♡『東京ばな奈』や、最近お土産でいただいてすっっごく美味しかった『』をたくさん買って・・・

「さあ何時になった!?」と時計を見ると、

あと20分!!!!!!!!!ひぇえええええええええーーーーーーーー!!!!!

帰りの分もeチケットだったので、急いでスカイマークの自動チェックイン機に向かうも、スカイマークは現在地から真逆!端っこすぎる端っこの端っこだったんです!!!(スカイマークの看板がかすんで見えるくらい)

この時は、空港の真ん中にあるJALやANAを相当恨みました。どうして一か所にまとめておいてくれないんだぁぁぁぁぁぁ!!!

現在地の端っこから、反対の端っこにあるスカイマークに向かって『スカイマークゥゥゥゥゥー!!!!』と本気で叫びたかった。

ヒールだし、足痛いし、荷物(パソコン&お土産)多いし、走れないし。。。荷物チェックもしてないし!!!やばい!やばい!!

出発時間10分前にチェックインカウンターに滑り込み!

受付の女性に『まだ乗れますか!?』と聞くと

『すみません。搭乗は締め切らせていただきました』と。

『ぬぁにぃ!?』←心の声

って一瞬思ったけど、なんせのんびりしていた自分が悪いので、

『じゃあキャンセルで。。。次の便って空きありますか?泣』

『はい。空きはございます。新規のご予約になりますので、24000円ほどかかりますがよろしいですか?』

『よろしくなーい!!!でも、でも。。。高くても帰らなければ。。。福岡に家があるんですぅぅぅ。泣』←心の声

『はい。お願いします。。。』

クレジットカードで支払って、テンションだだ落ちで、搭乗しました。。。スカイマーク安いほうだけどね。。。

スポンサーリンク

搭乗手続きと空港に到着してから搭乗までの時間の目安

こんな失敗を2度としないため、もう一度搭乗までの所要時間をまとめたいと思います。

空港到着からチェックインカウンターへ(約15分)

まずは、今回搭乗する航空会社のカウンターを目指します。

JALやANAのような一般航空会社は、空港の中心にチェックインカウンターがありますが、スカイマークやピーチなどのLCC(格安航空会社)のチェックインカウンターは小さく、空港の端にあることがほとんどなので、余裕を持って。

搭乗手続き(10分)

「クレジットカード」「確認番号と予約番号」「eチケットお客様控え」のどれか1つで、予約の確認をします。

自動チェックイン機の場合は、eチケットに記載されたQRコードを読み込ませるか、確認番号または予約番号を打ちこみます。

有人受付の場合、スタッフの指示に従い、航空券などを提示します。また精算が終わっていない場合は航空券の料金をその場で支払います。

そして予約の確認後、座席指定を行います。手続きの時点で空いている座席から希望する座席を指定でき、座席の指定後、搭乗券が発行されます。

荷物を預ける(10分)

預けたい荷物がある場合は、自動チェックイン機や有人受付で手続きを済ませてからカウンターで搭乗券を見せ、カウンター横にあるベルトコンベヤーにスーツケースを置いて重さを確認し、預けます。

また、空港カウンターで預け荷物として預けなければいけないものの一覧はこちら。

  • 刃物類(ハサミ・カッターなど)
  • 先の尖った物/バット類 (キリ、ゴルフクラブ、野球バットなど)
  • 2個目以降のライター

上記のような機内持ち込み制限品が保安検査場で見つかった場合、保安検査場では預かってもらえないので注意が必要です。

預けた荷物がどこで受け取れるのかをチェックイン時に必ず確認しておきましょう。

保安検査場へ(15分)

次は、保安検査場へ。

保安検査場は、通過しなければいけない時刻が航空会社ごとに
決まっています。

  • JAL、ANAは出発時刻の15分前
  • ピーチ、ジェットスターは25分前
  • スカイマークは20分前

また、今回の私のように、1番端っこにあったり、すごく並んでいたりするので、早めに着いておくことをおススメします。

保安検査場でカバンから取り出してチェックを受けるもの

  • PC/タブレット/大型バッテリーなど電子機器全般
  • 虫除けスプレー/ヘアスプレー
  • ライター(1人1個まで。それ以上ある場合は破棄)
  • ペットボトルや水筒などの液体類

いよいよ搭乗口へ(10分)

チケットを再度確認し、各搭乗口へ向かいます。

搭乗口に着いたら、搭乗できる時間まで少し待ち、搭乗口でチケットを『ピッ』としてもらい、搭乗します。

いよいよ搭乗です。

スポンサーリンク

空港に到着してから搭乗するまでの時間

  • 空港到着からチェックインカウンターへ移動するまでが『15分』
  • 搭乗手続きで『10分』
  • 荷物の預け入れで『10分』
  • 保安検査場で『15分』

空港到着から、搭乗までの時間は、約1時間あれば、スムーズに搭乗できる計算になります。

お土産をじっくり選ぶ時間や、移動時間も含めるともっと余裕を持って空港には到着しておきたいですね。

また、大型連休や年末年始などは利用客も増えるので、予想して早めに着くようにしましょう。

くれぐれも私のように遅れて乗れなかった。。。などの失敗はしないようにしてくださいね(ノ_<)痛い目見ますょ。。。

スポンサーリンク