小学5年生が金魚すくいで8匹Get!金魚すくい4つのコツを伝授します♪

2019年11月12日

縁日や夜市などのイベントが多い季節になってきましたね♪

先日、うちから車で15分ほどの場所にある、マリノアシティ福岡(海辺の商業施設)で、期間限定の夜市をしていて、近くを通った時に見つけたので、子どもたちの強い希望があり、寄るハメになりました…(通らなければよかった)

そこで金魚すくいをしていて金魚すくいが大得意な娘(10歳)がひとつのポイ(すくう丸い紙)で8匹もゲット!!←もちろんど素人。

沢山すくわれても…嬉しいやら悲しいやらですが、

今回は、金魚すくいの小さくて弱い金魚の育て方と、娘に聞いた金魚すくいのコツをご紹介したいと思います^ ^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

金魚すくいのコツ

こちらの金魚すくいのコツは、娘から教えてもらったのですが、私が知ってる風に書きます(´-ω-`)↓↓↓

コツ①最初にポイ全体を水に浸ける

ポイはゆっくり水につけ、全体を濡らします。

なぜ全体なのかというと、濡れているところが部分的に弱くなるから!!

全体を濡らして、同じ強度にしておくと負荷(金魚の重みや動き)の力が分散されるんです。

どうしてもポイを出来るだけ濡らさないように…と頑張ってしまいがちですが、ノンノン★違うんですね〜(p_-)

コツ②水面に対して平行に移動

金魚を追う時は、水圧で破けるのを避けるため、水面に対してポイを平行にして移動します。

ポイは繊細なのでゆっくりと♪

スポンサーリンク

コツ③金魚を狙う

出来るだけ上を泳いでいる金魚を先回りして狙います

下の方を泳いでいる金魚をすくおうとすると、すくう時に水圧がかかってポイが破けてしまい、後ろから金魚を追いかけると逃げ足が早いので、とても追いつけません。長くポイを水に浸けていたらそれこそ破れてしまいます。

上のほうをのんびり泳いでいる金魚を先回りして狙いましょう♪

さらに、水槽のコーナーに金魚を追い込んで、すくうと取りやすいという声もあるみたいですね!コーナーに追い込まれたターゲットは逃げ場がなくなり、ポイの上に乗るしかない…そうです。

コツ④すくうとき

すくうときは、ポイの輪っかの部分に金魚の頭やお腹を乗せて、さっと器に移します。早く丁寧にすくうことが大切!!慌ててすくうと、あっという間にポイが破けてしましますのでご注意を。

まとめ

縁日の醍醐味の金魚すくい。ぜひコツを踏まえてチャレンジしてみてくださいね♪人気者になれるかも!?^ ^

ちなみにうちの娘は、8匹すくった時にちょっとした歓声が上がりましたよ(≧∀≦)

楽しい縁日の思い出になりますように♪

スポンサーリンク