断然サラダがおすすめ!!プチプラ野菜『豆苗』の5大美容効果と栄養素♡

2019年11月12日

一袋100円ほどで購入できる、エンドウの若菜の豆苗。この安くておいしい豆苗には、美容効果抜群の栄養素がたっぷりなのをご存知ですか??

今回はそのありがたーい豆苗について、ご紹介しようと思います^ ^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豆苗の5大美容効果

β-カロテン

老化の原因となる活性酸素の発生を防ぐ効果のあるβ-カロテンは、豆苗100gの中に4100 μgも含まれていて、その量は人参の約3倍!!トップクラスの含有量なんです。

活性酸素の発生を防ぐということは、美肌効果とアンチエイジング効果が期待できるということ♡美容にはもってこいの食材なんです♡

ビタミンK

ビタミンKは血液凝固や、骨や歯を丈夫にするといった働きがあります。豆苗に含まれるビタミンKは320μgで、ほうれん草や小松菜よりも多い含有量となっています。

また、ビタミンKは多量に摂取しても健康被害が見られないことから、上限量は設定されていません。

葉酸

赤血球の生産を助けるビタミンで、細胞の生産や再生を助けることから、体の発育にも重要なビタミンです。

お肌のターンオーバーにも一役買ってくれます♪

また、赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとっても、葉酸は必要不可欠な栄養素とされていて、2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されています。

私も妊娠時の検診に行くと、『葉酸』摂取してくださいねと、毎回必ず言われてました。

食物繊維

豆苗100gあたり3.1 gの食物繊維が含まれていて、あの細〜い豆苗から人参と同じくらいの食物繊維が摂取できます。

食物繊維をたくさん摂取すると、コレステロールや胆汁酸を吸着しして抑制します。また、腸をやんわり刺激、腸内細菌(善玉菌)繁殖の餌となって便通もよくなります。さらに、体内のナトリウムを包み込み、一緒に排出する作用があるため、血圧を下げてくれるんです。

便通がよくなると肌荒れも、改善されます^ ^

ビタミンC

ビタミンCは、皮膚や骨、血管に多く含まれるコラーゲン繊維に必要不可欠な栄養素で、長期間摂取できないと、全身の倦怠感や疲労感、食欲不振につながり、ひどい時は命を落とすこともあるようです。

スポンサーリンク

豆苗の栄養をしっかり摂るには

私がおすすめする食べ方は、断然『サラダ』がおすすめ!

なぜなら、豆苗に多く含まれるβ-カロテンは、油と一緒に摂取すると吸収率がアップするから!ドレッシングをかけて食べるのが1番☆

炒めても油と一緒に摂取できますが、熱でビタミンCが壊れてビタミンCの摂取量が少なくなってしまします。

せっかく食べるなら、栄養をしっかり摂取したいですもんね♪

まとめ

細くて安い豆苗には、こんなにたくさんの美容に嬉しい栄養が詰まっています(≧∀≦)

一度使っても水につけておけば、2度食べられるお得な豆苗を食べて健康・キレイを目指しましょう♪

私は、2度食べた豆苗をプランターで育てはじめました♪美味しい豆ご飯を目指して大切に育てています♡

次回はプランターでの栽培方法や栽培状況をご紹介しようと思います^ ^

スポンサーリンク