お小遣い稼ぎに★スマホで撮った写真が売れる!海外のアプリ【Foap】

2018年11月2日

お小遣い稼ぎに★スマホで撮った写真が売れる!海外のアプリ【Foap – sell your photos】

自分の撮った写真を世界中の人に売ることができる、海外のアプリ【Foap – sell your photos】
今回は使い方と、実際に使ってみての感想をご紹介します♪



アプリには海外で撮られたすごく可愛い写真(おしゃれな写真)も多いので、見ているだけでも楽しいです^ ^

Foapって?

本国のアメリカではかの有名なABCニュースで紹介されたようで、いま勢いに乗っているアプリ!

もちろん無料で、SNSで投稿するような感覚で、コメントもつけられるので、Instagramのように手軽に始めれます

アプリを使って日常的に小遣い稼ぎができるって便利ですよね^ ^

インストールして実際にアップしてみた

①iphoneならApple Store、AndroidならGoogle Playで【Foap】を検索
②インストールしたら、メールアドレスかFacebookで登録
③投稿するのも簡単!下の画像の下部中央の写真マークをタップ
④タイトルを決めて、タグを選択(タイトルは英語で)
⑤写真に人が写っているか聞かれるので選ぶ(5つ)
⑥写真が売れたら支払いはPayPalを通して支払われるので、登録する

稼ぐ方法は3つ!

1つは、自分が撮った写真を投稿して、誰かに買ってもらうこと。

このパターンの場合、売れた金額の50%がユーザーに還元される仕組みです。

2つ目は、企業や団体(NIVEAやGetty Imagesが多い)が主催している「ミッション」に参加すること。

ミッションでは、様々なお題が出されます。たとえば「夏」とか「東南アジアの食べ物」とか。

このミッションに参加して、見事選ばれることができれば、100〜200ドルほどの賞金を獲得できます。

今まで見た中で一番高額だったのは、約30万円(2800ドル)の賞金でした。

賞金が高額なので、ミッションは競争率高めです。

最後3つめは、「アルバム」を作成することです。

アルバムとは、あるテーマの写真をアルバムとしてたくさんあつめることです。

たとえば、「花」をテーマにしたとしたら、花の写真をたくさん集めてアルバムを作ります。

このアルバムの中の写真は他のユーザーの写真でOKで、もし写真が売れるとアルバム作成者が0.25ドル(25円くらい?)、写真の持ち主が5ドル獲得できる仕組みです。

この3パターンでお金を稼げるようになっています。

携帯に眠っている写真を活用しよう

携帯にたくさんの写真が眠っている人はチャンスです♡
また、ユーザーは海外の人が多いので、日本っぽいものだと意外とアクセスが伸びたりするかも・・・

こんな人におすすめ

○写真を撮るのが好きな人
○スマホでお小遣い稼ぎをしてみたいと思っている人
○世界中の人が撮ったいろいろな写真を見てみたい人
○写真でつながるSNSに興味のある人

また登録や販売に料金(手数料など)は一切かからないので気軽に投稿できます♡自分の写真が売れたら嬉しいですよね!私もまだまだ登録したばかりなので、すごく楽しみです★

気になった方、我こそは!って方、ぜひぜひ挑戦してみてくださいね★




スポンサーリンク