NHK大河ドラマ西郷どんの感想と、鹿児島弁(薩摩語・薩摩弁)について★解読不能なおもしろい鹿児島弁!

2019年2月23日

NHK大河ドラマの西郷どんを毎週楽しみに見ていました^ ^終わってしまったので少し寂しい鹿児島出身の私です。

ドラマを見ていて聞き慣れた鹿児島の方言やイントネーションでしたが(ちょっと違うところもあったけど)、全国の皆さんは聞きづらいんだろうなと思ったので(実際字幕が欲しいなど、要望があったみたいですね)、鹿児島の方言(鹿児島弁・薩摩弁)や単語を集めてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鹿児島弁(薩摩語・薩摩弁)の由来

まず、鹿児島弁の由来から。

よく耳にするのが、江戸時代スパイにわからないように難しい言葉が考えられたという説。実はこれは間違いで、志學館大の原口教授

「江戸との距離が原因。鹿児島と青森のように、日本の端に行くほど、言語は変化していく」と話します。さらに、薩摩藩が他藩との交流を厳しく規制していたことも理由にあげます。「薩摩は外との交流がなく、『2重の鎖国』と言われていた。その中で独自に言葉が進化していった」

引用元:with news

と説明しています。

ちなみに鹿児島弁は正しくは薩隅(さつぐう)方言というらしいです。

昔ほど単語は難しくない

西郷どんを見ていて、私のおじいちゃんおばあちゃんが話す単語がたくさん出てきていました。

・ないごて→なんで

・いっど/いっが→行こう

・じゃっど→そうだよ

・まこて→ほんとに

・きばれ→がんばれ

などなど。

今の若い世代の鹿児島県民はなかなか使いません。西郷どんを見て、変わってないなと思ったところはイントネーション。

イントネーションの波も激しいです笑

さすがNHKなところ

ドラマのオープニングやドラマ中にもたくさん出てきた桜島。

桜島の映像を見て、さすがNHK!と思ったところは『映像加工の技術』。

桜島の麓には、たくさんの民家や桜島フェリーの発着所などがありますが、それが跡形もなく消えている!鹿児島市内の映像も然り。

現在の鹿児島市内には、家や商業施設がたくさんあり、あんなに緑緑しておらず、けっこうにぎやかな街です。

私も仕事で映像加工したりしますが、あんなに自然に消されていて、一体どんなソフトを使っているんだろう…と感動しながら、毎回気になってました笑

長渕剛さんの『気張いやんせ』は鹿児島弁だらけ

鹿児島出身の長渕剛さんの『気張い(きばい)やんせ』という曲には鹿児島弁が盛りだくさん!

そちらもちょっと訳してみます^ ^
—————————–
気張いやんせ
作詞・作曲/ 長渕 剛

どげんしてん やらんと いかんこっがよ
俺(おい)にも お前(わい)にも ひとつくらいある
(どんなにしてでも、やらないといけない事が、俺にもお前にもひとつぐらいある)

やっせんぼ やっどんからん よかぶいごろの
あげんな 汚っさね真似やできん
(弱虫のくせにかっこつけていた頃のあんなに汚い真似はできない)

前つんのめりで 生きて行こや
誰(だい)が悪いち 言うもんか
(前かがみで生きていこうよ)
(誰が悪いなんて言うもんか)

気張れ 気張れ 気張いやんせ
一度(いっと)どま け死(し)ん限(かぎ)い 気張いやんせ
(がんばれ がんばれ がんばって)
(一度くらいは死ぬ気になってがんばってみよう)

泣こごんなった時や 俺家(おいげえ)来んか
(泣きたくなった時は、俺の家に来い)

馬鹿(ばけ)された時や お前も向こて行こや
(馬鹿にされた時は、お前も向かって行け)

俺たちゃ どげんしてん 汚れ者
(俺たちはどうしたって汚れ者)

じゃっけど 譲れんもんもあろ
(だけど譲れないものもあるだろう)

前つんのめりで 生きて行こや
誰(だい)が悪いち 言うもんか
(前かがみで生きていこうよ)
(誰が悪いなんて言うもんか)

気張れ 気張れ 気張いやんせ
一度(いっと)どま け死(し)ん限(かぎ)い 気張いやんせ
(がんばれ がんばれ がんばって)
(一度くらいは死ぬ気になってがんばってみよう)

生好かん 奴(わろ)なら 打(ぶ)ったくればよか
(許せない奴なら、殴り倒せばいい)

負けたら 頭(びんた)を下ぐればよか
(負けたら、頭を下げればいい)

寂しなったら 唄いやんせ
(寂しくなったら歌ってみよう)

俺にも お前にも 理由があろ
(俺にも、お前にも、理由があるだろう)

前つんのめりで 生きて行こや
誰(だい)が悪いち 言うもんか
(前かがみで生きていこうよ)
(誰が悪いなんて言うもんか)

気張れ 気張れ 気張いやんせ
一度(いっと)どま け死(し)ん限(かぎ)い 気張いやんせ
(がんばれ がんばれ がんばって)
(一度くらいは死ぬ気になってがんばってみよう)

生好かん 奴(わろ)なら 打(ぶ)ったくればよか
(許せない奴なら、殴り倒せばいい)

負けたら 頭(びんた)を下ぐればよか
(負けたら、頭を下げればいい)

寂しなったら 唄いやんせ
(寂しくなったら歌ってみよう)

俺にも お前にも 理由があろ
(俺にも、お前にも、理由があるだろう)

前つんのめりで 生きて行こや
誰(だい)が悪いち 言うもんか
(前かがみで生きていこうよ)
(誰が悪いなんて言うもんか)

気張れ 気張れ 気張いやんせ
一度(いっと)どま け死(し)ん限(かぎ)い 気張いやんせ
(がんばれ がんばれ がんばって)
(一度くらいは死ぬ気になってがんばってみよう)

—————————–

名曲ですねー^ ^長渕剛さん鹿児島の誇りです^ ^

鹿児島弁のおもしろい言葉遊び

わいがおいにわいっちゅうで、おいもわいにわいっちゅうとよ。

わいがおいにわいっちいわんかったら、おいもわいにわいっちいわんとよ。

訳:

わい=あなた
おい=わたし

あなたがわたしに『わい』と言うから、わたしもあなたを『わい』と言うんだよ。

あなたがわたしを『わい』と言わなかったら、わたしもあなたを『わい』とは言わないよ。

『わい』『おい』どちらも男性が使う言葉です^ ^
ほんとに暗号みたいですよね^ ^

鹿児島弁のいろいろ

あいがともさげもす→ありがとうございます

あいもはん→ありません

あっどかい→あるだろうか

あげな→あのような

いつでん→いつでも

いっき→すぐ

いっど→行こう

いまじゃした→いまでした/今帰りました

おまんさん→あなた/お前さま

おもしてか→おもしろい

おいもはん→いません

おじゃったもんせ→いらっしゃいませ

おやっとさぁ→おつかれさま

おらる→いらっしゃる

かかい→はじめる

くいもはんか→もらえませんか

くいやい→ください

くるっで→あげる/くれる

しっくれ→してくれ

こい→これ、この人

こげな→こんな

こげん→こんなに

こっちにけー→こっちにおいで

ごわす/ごわんそ/ごわんど→ございます/あります

◯◯さあ→◯◯様

しちょいもす→しています

してくれんけ→してくれない?

してくいやい→してください

◯◯してでん→◯◯してでも

しもんそ→しましょう

◯◯しやんせ→◯◯しなさい

しもんで→しますので

じゃっじゃっ→そうだそうだ

◯◯じゃした→◯◯でした

じゃって→だから

じゃっとが→そうでしょう

じゃっとに→なのに

◯◯じゃろかい→◯◯だろうか

◯◯しやんせ→◯◯しなさい

すっど→するぞ

すんもはん→すみません

そい→それ

そいやっとに→それなのに

そげな→そんな

そげなこつ→そんなこと

そげん→そのように

そん→その

だい→だれ

たもんせ→してください

チェスト!→掛け声/気合いの叫び

ちごっ→違う

どい→どれ

どげんこつ→どういうこと

どげな→どんな

どげなった→どうなった

ないごて→なんで

ないでんかいでん→なんでもかんでも

ないもして→なりまして

なかどか→ないだろうか

ならんとに→ならないのに

ならんど→ならないよ

なんち→なんだって/なんと

ばかい→ばっかり

ひったまげる→びっくりする

ほんのこて/ほんのこつ→ほんとうに

まっこて→まことに

待っちゃい→待ちなさい

見せっみれ→見せなさい

見もんそ→見ましょう

◯◯もした→◯◯ました

もす→ます

◯◯もはん→◯◯ではありません

◯◯もんそかい→◯◯しましょうか

やいか→するか/やるか

やっ→やる

やっせん/やっせんど→だめだ/だめだぞ

やっせんぼ/やっせん坊→いくじなし/臆病者

やっぱい→やっぱり

よか→良い

よかど→いいよ

よかとじゃが→いいのだが

◯◯らるっと→◯◯されると

◯◯りゃんせ→◯◯なさい

わかっ→わかった

わっぜか/わっぜ/わっせ→とても

んだもしたん→あらまぁ

おもしろい鹿児島弁 単語編

びんた→あたま

とぜんね→さみしい

いっでんかっでん→いつも

うっかた→女房

よかおごじょ→美人

がんたれ→役に立たないもの

だいやめ→ばんしゃく

ずんばい→たくさん

けっさるっ→腐る

ひっかぶい→弱虫

ぶえん→鮮魚

よかにせ→イケメン

よんごひんご→ぐにゃぐにゃ

がっつい→ちょうど

ちんけ→小さい

でこん→大根

へ→灰

がっ/がる→叱る

つら→顔

じじら→小言

つぐろじん→青たん

うっちゃげ→宴会

げんね/げんなか→はずかしい

まんぼ→両方

なんかかっ/なんかかる→もたれかかる

ぴ→とげ

てせ/てそい→めんどうくさい/疲れる

スポンサーリンク